元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事金の美茶

サプリメント主な成分 | ハーブティー

ウコン

サプリメント ハーブティー
ウコン

いろいろな宣伝効果もあり、お酒を飲んだあとにウコンのドリンクやサプリメントを飲む人が増えているようです。
ウコンはお酒をよく飲む人の肝臓によい作用をもたらすサプリメント、と思っている人も多いかと思います。

ウコンはショウガ科の植物で、別名をターメリックと言います。
ターメリックと言えばカレーに含まれるおなじみのスパイスですね。
またウコン色素はクルクミンと言い、たくあんやマーガリン、パエリヤなどの着色料として用いられています。
こうしてみると、ウコンはお酒を飲む人ばかりに関係するものではなく、もっと私たちに身近なものに感じられますね。

ウコンにはクルクミンのほか、食物繊維や各種ミネラル、精油成分などが含まれ、期待できる効果はいろいろあると言われます。
またウコンには春ウコン、秋ウコン、紫ウコンなどがあり、クルクミンは秋ウコンに多く、精油成分は春ウコンに多いとされ、それぞれの特徴によって使い分けられます。
ウコンは胃液の分泌を高め、胃粘膜を保護する働きがあるため、一般的には香辛料として食欲不振の改善や健胃効果を期待して用いられます。
また、ウコンには各種ミネラルが豊富に含まれており、中でも鉄がかなり多く含まれます。
そのため貧血の改善のために飲んだ鉄剤がからだに合わなかった人が、かわりにウコンを飲むようにしている、というケースもよく聞きます。
お酒を飲む人に向くサプリメントと思っている人が多いのですが、ウコンは意外にも貧血気味の人にも向いたサプリメントと言えるかもしれません。




posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 07:00 | Comment(0) | ウコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イソブラボン

サプリメント ハーブティー
イソブラポン

畑のお肉とも呼ばれる大豆、健康によい食材であることはひろく知られています。
大豆の成分ではイソフラボンが有名ですが、これは女性ホルモンとよく似た構造をしているそうです。
そのため、更年期にみられるのぼせやほてり、いらいら、気分の波、発汗などの症状を和らげると言われています。

女性ホルモンには気持ちを落ち着かせたり骨を丈夫にしたり、皮膚のうるおいを保つなどの働きがあり、女性ホルモンと似た構造を持つイソフラボンにも同様の作用があるのでは、と期待が寄せられています。
そのため、イソフラボンを摂るべく、毎日せっせと大豆製品を食べている人もいます。
豆腐に納豆、豆乳にテンペ・・・
皆さんはテンペをご存知ですか?
テンペとは煮た大豆をテンペ菌(白カビの一種)で発酵させたもので、インドネシアの伝統食です。
大豆を発酵させると聞くと、納豆を思い浮かべますが、テンペはにおいや粘りはほとんどなく、いろいろな調理法で食べることができるようです。
健康食品への関心が社会的に高まったこともあり、スーパーなどでも見かけるようになりました。

これら豆乳や納豆などの大豆製品は、良質なタンパク源というだけでなく、最近ではイソフラボンを含む食品として取り上げられることが多くなりました。
しかし実際は食品に含まれているイソフラボンは、からだに吸収されにくい形をしているものが多いのも事実で、効率よく吸収させるという目的であればサプリメントを利用するのもひとつの方法と言えます。
ただしイソフラボンのサプリメントに関しては、小児と妊婦・授乳中の人は摂取しないこととされています。


posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 07:00 | Comment(0) | イソフラボン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コラーゲン

サプリメント ハーブティー
コラーゲン

コラーゲンの役割は、と聞かれると多くの人が「美肌効果」と答えるでしょう。
それくらい「美しくなりたい女性のためのサプリメント」といった感じの商品が続々と発売されています。
錠剤やドリンクタイプなどサプリメントの形もいろいろですが、マシュマロなどのお菓子にも「肌に良いコラーゲンが含まれています」などと書かれ、広くコラーゲンが話題になっていることが伺えます。

さて、そんな広く名前を知られたコラーゲンですが、私たちのからだの中ではどのように存在しているのでしょうか。
美肌のイメージから、肌の弾力を保つぷりぷりした組織のように思われますが、実はコラーゲンはからだの全タンパク質の3分の1を占め、皮膚や骨などあらゆる部分に分布しています。
皮膚ではやわらかさと弾力が求められるので線維のような形で存在し、腱では強い力で引っ張られることが多いためロープのように、とそれぞれの部位に合った形で存在しています。
また、コラーゲンは骨にも存在する成分であるため、骨量を増やし、骨密度を上げる効果も期待されています。

肌を健康に保つ作用のほかに、軟骨の弾力性を維持する役割も果たしています。
このことから関節の痛みをやわらげるのに効果があるのでは、との期待もされていますが、まだ研究段階ということで今後の成果が待たれるところです。

コラーゲンのサプリメントなどは主に動物の皮や骨を原料として作られています。
2型コラーゲンと呼ばれるサプリメントでは、にわとりのとさかが用いられることもあります。
そのため豚や牛などにアレルギーがある場合、摂取は控えた方がよいでしょう。
最近ではマリンコラーゲンなどと呼ばれる魚の皮や骨を原料とした商品も出ているようです。




posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 07:00 | Comment(0) | コラーゲン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グルコサミン

サプリメント ハーブティー
グルコサミン

年配の方が階段を軽やかに上り下りする場面、そして「毎日、これを飲んでいますよ」とグルコサミンのサプリメントを見せるコマーシャルがありますが、皆さんご存知ですか?
そんな宣伝効果もあってか、膝などの関節の痛みをやわらげる成分としてグルコサミンはよく知られています。

実はグルコサミンは私たちのからだの中でも作られる成分で、グルコースとグルタミンを原料としています。
しかし、年齢を重ねるにつれて体内で作られるグルコサミンの量は減ってきてしまいます。
長年、頑張ってからだを支えてきてくれた自分の膝、もう少し頑張ってね、の気持ちをこめてサプリメントを利用するのもよい方法だと思います。

グルコサミンは口から摂取されると、ヒアルロン酸やコンドロイチンなどの原料となります。
グルコサミン自身も軟骨を構成する大切な成分であり、軟骨のクッション性を保つためには欠かせない存在となっています。
膝に痛みがある人がグルコサミンを飲み始めると、続けるうちに痛みがらくになってきた、という話を聞きます。
口から摂取したグルコサミンは比較的速く吸収され、作用を実感できる人も多いようです。

ただし、甲殻類アレルギーのある人は、グルコサミンのサプリメントを購入する前に、成分表示をよく確認してください。
というのは、工業的にグルコサミンを作る場合、カニなどの甲殻類から得たキチンを原料としていることが多いためです。
キチンに酸を加えると加水分解してグルコサミンになるのです。
最近では植物を原料としたグルコサミンもありますので、アレルギーの心配のある人はそちらを選ぶようにしてください。



posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 07:00 | Comment(0) | グルコサミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キチン・キトサン

サプリメント ハーブティー
キチン・キトサン

あるダイエットサプリメントの宣伝広告で、水と油を入れたビーカーに有効成分を加えると油が固まりになり、体内でも同じように食べた油を固まりにして排出します、といった類のものを見たことはありませんか?
現在ではこのような広告は規定違反とされ、ほとんど見ることはなくなりました。

このダイエットサプリメントはおそらくキチン・キトサンを含むもので、キチン・キトサンが食べ物の中に含まれる脂肪分や体の有害物質を包み込んで体外に排出する働きがあるのではないか、という情報に基づいたものであると思われます。
しかしそのことを裏付けるデータは十分ではなかったようです、残念ですが・・・

キチンはカニやエビなどの甲殻類の固い甲殻部分に含まれている成分で、キトサンはそれを工業的に加工したものです。
キチン・キトサンは水に溶けにくい食物繊維で、消化されにくい性質を持つためそのまま腸に届き、腸壁を刺激したり老廃物を取り込んで便のかさを増やすなどして排便を促します。
油の吸収をシャットアウトして劇的なダイエット効果を上げることは無理かもしれませんが、便秘の解消には効果が期待できるようです。

また、最近ではキトサンがコレステロールの上昇を防ぐ働きを持つことがわかってきました。
コレステロール値が高めの人が、キトサンを摂り続けているうちに、正常値に入るようになった、という体験談もあります。
また、キチン・キトサンにはグルコサミンも含まれているので、関節炎や関節の痛みにもよいのでは、と期待されています。
ただし、キチン・キトサンのサプリメントにはカニを原料としているものが多くあり、甲殻類アレルギーがある人には注意が必要です。
植物を原料としている商品もありますが、表示をしっかり確認してから摂取するようにしてください。


posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 07:00 | Comment(0) | キチン・キトサン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マグネシウム

サプリメント ハーブティー
マグネシウム

一時期、にがり商品が爆発的に売れた頃がありました。
それまでは家庭で豆腐を手作りする人のために豆乳などと並べられていたものが、いつしかサプリメントのように健康食品やダイエット食品として販売されるようになってきた記憶があります。

なぜにがりがそれほどにまで話題になったかと言うと、糖や脂肪の吸収を抑える、とかエネルギーの代謝を活発にする、といったような宣伝がなされたからだと思います。
にがりの主成分は塩化マグネシウムで、実際に便秘薬として病院で処方もされる成分です。
溜まっていた便が排出され、お腹がすっきりするという意味でダイエットと捉えられなくもありませんが、実際ににがりに痩身効果があるという科学的根拠は明らかになっていないようです。

マグネシウムの働きとして挙げられるのは、歯や骨を丈夫にすること、神経伝達や筋肉収縮などへの関与などです。
丈夫な骨を作るためには、マグネシウムとカルシウムをバランスよく摂ることが大切です。
理想的な摂取量はマグネシウム1に対してカルシウム2と言われています。

また最近ではマグネシウムが偏頭痛の予防にも効果がありそうだ、と話題になっているようです。
マグネシウムの持つ血管痙攣を予防する作用、炎症物質の放出を阻害する作用などが、頭痛の原因となる脳血管の緊張を和らげるためではないか、と言われています。
ただし、偏頭痛があるからと言って自己判断でマグネシウムを過剰に摂りすぎてはいけません。
過去に誤ってにがりの原液を飲んでしまった女性が死亡した事故も発生しています。

マグネシウムは精製されていない玄米や納豆、豆腐、アーモンドなどに多く含まれます。
サプリメントに頼らず、毎日の食事の中でも十分に摂っていける栄養素です。
食事を見直すときに、例えば白米に玄米を混ぜてみるなど、毎日自然にマグネシウム摂取を続けられる工夫をしてみてはいかがでしょう。



posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 07:00 | Comment(0) | マグネシウム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サプリメント ハーブティー


朝礼中に倒れる、立ちくらみや顔色の悪さを経験すると、すぐに貧血を思い浮かべるでしょう。
これらの症状は、長時間の立ちっぱなし、急に起き上がったときなどに脳への血液供給量が低下したときに起こる一時的な「脳貧血」です。
本当の意味での貧血は手足の冷えやしびれ、頭痛、息切れ、疲労、動悸などの症状があらわれます。
立ちくらみが起きたとしても貧血とは限らないのです。

人のからだに存在する鉄のうち、約7割は血液中に入り酸素をからだ中に運ぶ役割を果たし、残りの3割は肝臓や筋肉などに貯蔵されています。
この貯蔵のおかげで、鉄が不足してもすぐには貧血の症状が出ることはありません。
逆に言えば、これら貧血の症状が出たときには、かなり体内の鉄が減ってしまっているということになります。

鉄が含まれる食品には豆、ほうれん草、ひじきなどの植物性のもの、レバーやアサリなどの動物性のものがあります。
植物性の食品に多いのが非ヘム鉄で、動物性の食品に含まれるヘム鉄に比べると鉄分の吸収は劣ります。
しかし非ヘム鉄もビタミンCやクエン酸、タンパク質と一緒に摂ると吸収されやすくなります。

サプリメントで鉄分を補給する場合ですが、時々サプリメントを飲んだあとに胃が重くなり食欲がなくなってしまう人もいるようです。
その場合は食事のすぐ後に鉄のサプリメントを飲むようにすると症状が軽くなることもあります。
また、鉄そのもののサプリメントでなくても、ウコンなど鉄が含まれたサプリメントもありますのでそちらを試してもよいでしょう。
食事で摂れない栄養分を補う目的のサプリメントなので、かえって食欲がなくなっては意味がありませんからね。


posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 07:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カルシウム

サプリメント ハーブティー
カルシウム

丈夫な骨を作りたい、と思ったときにまず浮かぶ栄養素はカルシウムですね。
錠剤のサプリメントやドリンクタイプのものもあり、子どもにも摂りやすい商品がたくさん発売されています。
また、イライラしている人に対して「カルシウムが不足していない?」と冗談を言う人もいますが、カルシウムが骨の形成だけでなく精神安定剤の役割を持っていることもよく聞く話です。

体内のカルシウムのうち、99パーセントは骨や歯に存在し、残りの1パーセントは血液中や細胞内にあって、心臓の機能、筋肉の収縮、血液凝固、ホルモン分泌などのいろいろな生体反応に関わっています。
血液中のカルシウムの濃度が低くなってくると、副甲状腺ホルモンやビタミンDが働き、骨に蓄積されているカルシウムを溶かし出したり、カルシウムの吸収力を高めたり、尿に排出されるカルシウムの量を減らすなどして血中濃度を一定に保とうとします。
しかしカルシウムの血中濃度が低い状態が長く続くと、骨から溶け出すカルシウムの量が増え、その結果骨に支障が出てくることになります。

骨は固くて変化しないようなイメージがありますが、常に新しい骨が作られ、古い骨は壊され吸収され、活発に新陳代謝を行なっています。
この新陳代謝がバランスよく行なわれていればよいのですが、骨の形成が骨の吸収に間に合わないと、骨の量が減少してきます。
そしてやがて骨粗しょう症へとつながってしまうのです。

骨粗しょう症の治療のために薬を出された場合、自分で判断してカルシウムのサプリメントなどを摂ってしまうのは高カルシウム血症を引き起こす原因にもなるので気をつけてください。
高カルシウム血症の症状には、食欲不振、皮膚のかゆみ、口の渇き、吐き気、便秘などがあります。
もちろん普通の食事で摂る分のカルシウム量なら問題はありません。

魚離れが進んだ日本ではカルシウム不足がよく話題になり、普段からカルシウム摂取に心がけている人は多いと思います。
骨粗しょう症になりにくい体にするためにも、若いうちからしっかりとした骨を作るよう、食事のバランスや運動に心がけましょう。





posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 07:00 | Comment(0) | カルシウム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亜鉛

サプリメント ハーブティー
亜鉛

最近、何を食べてもおいしくない、と感じることはありませんか?
食事をおいしく感じられない、ということにはいろいろな原因が考えられますが、味覚異常がある場合もあります。
味覚異常の症状としては、口の中がいつも苦い、味を変に感じる、または味を感じない、金属をなめているような感じがする、食欲が出ない、などが挙げられます。
この味覚異常は、偏食による亜鉛不足か、ある薬を飲んでいることで亜鉛欠乏が起きたことが原因のひとつであることも少なくありません。
ほかに、アルコールの飲み過ぎやインスタント食品の食べ過ぎで亜鉛不足になることもあります。

亜鉛はからだの中にある300種類以上の酵素の働きに関わっています。
亜鉛は、細胞の新陳代謝や性ホルモン分泌の調整、免疫機能の維持など、その働きはさまざまです。
味覚異常に関して言うと、舌の上にある小さな細胞の集まりがあるのですが、その細胞は短いサイクルで生まれ変わります。
亜鉛が不足すると、その細胞の新陳代謝が滞ってしまうため、味覚異常が起きてしまうのではないかと言われています。

また亜鉛は味覚を正常に保つという働きだけでなく、やけどや傷、皮膚炎など、皮膚の修復を助ける役割もあるとして注目されています。
これは、褥瘡(じょくそう)の直りがよくない患者の血液中の亜鉛濃度が低い傾向がある、ということから言われるようになりました。

最近では亜鉛の効果がよく取り上げられ、亜鉛のサプリメントを購入する人が増えているようです。
特に性ホルモン分泌の調整という働きを大きく宣伝したサプリメントなどは「精力増強」などというキャッチコピーに魅かれて購入する人が多いようです。
しかし、亜鉛は納豆や木綿豆腐、プロセスチーズなど、身近な食品に含まれています。
とくに精白米よりは玄米に多く含まれ、あまり精製されていない食品に多いのも特徴のひとつです。
このように食品からも摂取できる栄養素ですので、逆にサプリメントから極端に多く摂ってしまうことの方が心配です。
亜鉛だけを過剰に摂取すると、銅の吸収を阻害してしまい、銅欠乏を引き起こす可能性もあります。



posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 07:00 | Comment(0) | 亜鉛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビタミンE

サプリメント ハーブティー
ビタミンE

セサミンE 150粒入り

セサミンE 150粒入り

  • 出版社/メーカー: サントリー
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品


からだのさびを取る、と言われているビタミンE
からだの中に現れるさびとは、酸化してしまった脂肪(過酸化脂質)のことで、肌の老化や動脈硬化を招く原因ともなります。
ビタミンEにはこのさび、つまり酸化反応を進行させない抗酸化作用があります。
他の作用としては血行を促進し、ホルモン分泌を調整する働きも持っています。
そのため、ビタミンEはサプリメントとしてだけでなく、肩こりや腰痛、手足の冷えを解消するための医薬品としても広く使われています。
時々、ビタミンEを飲むようになって手足の冷えは改善されたけれどいつもより生理が早く来た、という人もいますが、これもビタミンEのホルモン調整作用によるものと思われます。
ビタミンEは生理不順や更年期症状の改善にも用いられていますので、生理がいつもより早く来ても特に心配はありませんが、長引いたり出血量がいつもより多い場合などは医師に相談してください。

ビタミンEは自然界にも豊富に存在し、野菜、豆、穀物、海藻類、動物油や植物油など、とても多くの食品に含まれています。
現在のところ、取りすぎによる副作用は知られていません。
これは体の中にビタミンEが満たされてくると、それ以上の吸収をストップさせるからだと考えられています。
ただし食品で摂る場合は問題ありませんが、サプリメントでビタミンEを摂る場合は過剰摂取にならないよう表示の量を守ってください。
ビタミンEは一緒にビタミンCも摂ることで、抗酸化作用がより強力になります。

ネイチャーメイド ビタミンE 400IU ファミリーサイズ

ネイチャーメイド ビタミンE 400IU ファミリーサイズ

  • 出版社/メーカー: ネイチャーメイド
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品





posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 07:04 | Comment(0) | ビタミンE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビタミンD

サプリメント ハーブティー
ビタミンD

丈夫な骨をつくるため、カルシウムのサプリメントや牛乳などを毎日欠かさず飲んでいる人もいることでしょう。
また成長期の子どものいる家庭では、家族みんなで摂れるようファミリーサイズのボトル入りサプリメントを常備しているところもあるかと思います。
このように、骨を強くするのにカルシウムが大切だということは多くの人が知っていることなのですが、これらが体の中で骨や歯になるにはビタミンDが不可欠であるということはあまり知られていないようです。
ビタミンDは体内で活性型に変わり、腸ではカルシウムの吸収を手助けし、骨に向かって血液中を移動し、筋肉中のカルシウムが不足すれば骨から取り出すなど、カルシウムの血中濃度を一定にするため、働いています。

ネイチャーメイド カルシウム300mg+ビタミンD ファミリーサイズ

ネイチャーメイド カルシウム300mg+ビタミンD ファミリーサイズ

  • 出版社/メーカー: ネイチャーメイド
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品


中でもビタミンD3は紫外線を浴びることで体内が合成されるため、かつては子どもの日光浴が推奨されていましたが、現在では紫外線による皮膚がんを予防するために日光浴は推奨されなくなりました。
普通の生活の中で浴びる程度の紫外線の量で、十分なビタミンDは合成されることもわかってきています。

ビタミンDの豊富な食材として干ししいたけが有名ですが、これも生しいたけを日干しにする際に紫外線を浴びてビタミンDが作られるのです。
丈夫な骨や歯を作るのに大切な幼少期には、カルシウムだけでなくビタミンDも併せて摂ることが大切です。

ただしビタミンDの過剰摂取には気をつけなくてはいけません。
過剰摂取になると、下痢や、のどの渇き、皮膚のかゆみなどが起こることがあります。

紫外線Q&A―お日さまと仲良くつき合う方法 (CMC books)

紫外線Q&A―お日さまと仲良くつき合う方法 (CMC books)

  • 作者: 市橋 正光
  • 出版社/メーカー: シーエムシー出版
  • 発売日: 2002/08
  • メディア: 単行本


posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 09:34 | Comment(0) | ビタミンD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビタミンC



高濃度プラセンタ
大手テレビショッピング9期連続ベストセラー


momobgyoko.JPG

サプリメント ハーブティー
ビタミンC

ビタミンと聞いてもっともポピュラーなものは、やはりビタミンCかもしれません。
目的を持って飲むサプリメントやドリンク、あるいはのどが渇いて何か飲もうとたまたま買った飲料にもビタミンCが配合されていたりします。
ビタミンCと言うと、一番に思いつく効果は「美白・美肌」でしょうか。
美白サプリメントとして毎日欠かさず飲んでいる女性もいることと思います。
ビタミンCはコラーゲンの生成になくてはならないビタミンで、これが欠乏すると、細胞の壁がもろくなって血管や筋肉などで出血が起きます。
それがかつて壊血病として人々に恐れられていた病気の原因なのです。
もう一つ、ビタミンCの働きとして挙げておくべきことは、免疫力の強化です。
風邪など、ウィルス性の病気を予防する力があります。
みかんを食べて風邪予防、と昔から言われているのも、ビタミンCの働きに期待してのことだと思います。

ビタミンCは果物や野菜など、豊富に含まれる食材はいろいろあるのですが、弱点も多いビタミンなのです。
まず熱に弱いこと。
加熱調理をすることで、簡単に分解してしまいます。
次に水に弱いこと。
野菜や果物を水洗いすることで、どんどんビタミンCが流れ出てしまいます。
そして空気にも弱いこと。
空気に触れることで酸素をどんどん取り込み、分解されてしまいます。
これらの弱点を踏まえると、やはり生で食べられる果物は調理段階でのビタミンC損失が少ないため、おすすめです。
また、じゃが芋やカリフラワーのビタミンCは加熱による損失が少ないため、調理後でもビタミンCを摂ることができます。

ビタミンCは摂り溜めができないのも残念なところです。
からだに取り込んでから3時間ほどで排出されてしまいます。
特にたばこを吸う人やストレスを感じたときなどでは大量に消費されてしまいます。

佐伯チズの完全美肌バイブル (日経BPムック 日経ヘルス別冊)

佐伯チズの完全美肌バイブル (日経BPムック 日経ヘルス別冊)

  • 作者: 日経ヘルス
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2008/07/01
  • メディア: ムック







posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 08:55 | Comment(0) | ビタミンC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビタミンB群

サプリメント ハーブティー
ビタミンB群

ビタミン系のサプリメントにマルチビタミンとか総合ビタミン剤というものがありますが、聞いたことや飲んだことがありますか?
ビタミンにはA、B、C、D、E、Kとたくさんの種類があり、中でもビタミンBはB1、B2、B6、B12といくつかに分かれています。
ここではこのビタミンB群について、説明したいと思います。

ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラル 100粒

ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラル 100粒

  • 出版社/メーカー: ネイチャーメイド
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品



ビタミンB1
 炭水化物の代謝に関与し、エネルギーを生み出すビタミンと言われています。
 筋肉や神経の働きを維持するという重要な役割を持っていますので、ビタミンB1が不足すると疲れやすく、なかなか疲れがとれなくなってしまいます。
 ビタミンB1は、ニンニクやニラなどに含まれるアリシンという成分と一緒になると、吸収されやすいアリチアミンという万能成分に変わります。
 なので、ビタミンB1の豊富な豚肉とネギやニンニク、ニラなどを一緒に調理すると、元気の出るメニューが出来上がります。
 餃子がスタミナ料理である、というのもうなずけますね。

ビタミンB2
 皮膚や粘膜の健康を保つビタミンで、不足すると、口内炎や舌炎ができやすくなるのはよく知られた話かもしれません。
 口内炎や肌荒れでビタミン系のサプリメントを飲んでいたら症状が改善した、という話もよく聞きませんか。
 黄色いビタミンで、このサプリメントを飲むと、尿が濃い黄色になることもあります。

ビタミンB6
 タンパク質の代謝を手助けするビタミンで、髪の毛や皮膚、粘膜を健康に保つ働きをしています。
 不足すると、B2と同じように口内炎や口角炎、肌荒れ、そして手足のしびれなども起こることがあります。
 B2やB6が不足しているときは、大抵他のビタミンも不足していることが多いものです。
 サプリメントを選ぶときにはビタミンB群として販売されているものを選ぶとよいでしょう。

ビタミンB12
 赤いビタミン、と呼ばれるB12は、葉酸と一緒に働いて血液を造る働きを促進します。
 ビタミンB12は動物性の食品にしか含まれていないため、ベジタリアンの人には不足しがちです。
 またアルコールやたばこ、コーヒーの摂取量が多い人も、吸収率が悪くなる傾向にあります。
 ビタミンB12が不足してくると、倦怠感、めまい、手足のしびれなどをもたらすことがあります。

このほか、ビタミンB群には葉酸やナイアシンなども含まれます。

GOLD'S GYM マルチビタミン&ミネラルセット180粒

GOLD'S GYM マルチビタミン&ミネラルセット180粒

  • 出版社/メーカー: ゴールドジム
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品




posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 07:29 | Comment(0) | ビタミンB群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビタミンA

サプリメント ハーブティ
ビタミンA

「最近、目が疲れているな」「肌が荒れてきた」など医者にかかるほどでもないけれど改善したい症状がある場合、サプリメントを飲んで様子を見ようという人もいると思います。
目や皮膚に関する症状、具体的には光をまぶしく感じ暗いところで視点が合いづらい、目が乾く、髪がぱさつく、肌がかさつく、爪がもろくなってきた、などの症状があらわれたときは、ビタミンAが不足していると考えられます。


ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラル 100粒

ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラル 100粒

  • 出版社/メーカー: ネイチャーメイド
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品



目の網膜にあるロドプシンという物質の主成分がビタミンAで、光の明暗や色を識別する働きがあります。
また皮膚や内臓の上皮組織を生成し、粘膜を健康に保つ働きをするのもビタミンAです。
そのため、ビタミンAが不足すると上皮組織の表面が固く潤いのない状態になってしまいます。
ビタミンA不足が消化器系まで至ってしまうと慢性の下痢や、気管に至ると風邪を引きやすくなります。
また粘膜は病原菌を体に入れないよう阻止する役割も果たしているので、ビタミンAが不足して上皮組織が良好に保たれていないとガン発生のリスクも高まってしまいます。
目の健康、皮膚の健康、またガンを予防するためにも、ビタミンAが不足しないよう心がけたいものです。

ビタミンAはサプリメントに頼らず食品からも摂りやすい栄養素です。
一日に必要な所要量は、うなぎの蒲焼(1/2串)や豚レバー(45g)、にんじん(1/5本)を摂取することで満たされます。
ビタミンAには動物性食品に含まれるレチノールと、緑黄色野菜に含まれるβカロチンとがありますが、脂溶性のレチノールは過剰に摂取すると気分が悪くなることがあります。
水溶性のβカロチンは過剰摂取の心配はありません。
どちらかに偏ることなく、レチノールもβカロチンもバランスよく摂ることが大切です。

完全版 ビタミン・バイブル

完全版 ビタミン・バイブル

  • 作者: アール ミンデル
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2004/03
  • メディア: 単行本




posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 07:13 | Comment(0) | ビタミンA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サプリメントは安全?

サプリメント ハーブティー
サプリメントの安全性

毎日の生活の中でサプリメントは欠かせない、という人が増えています。
健康維持のため、ダイエットのため、美肌を目指して、などサプリメントを摂る目的はそれぞれですが、多くの人が一度は何かしらのサプリメントを飲んだことがあるのではないでしょうか。

サプリメントは普段の食生活ではなかなか必要量が摂れない栄養素を補助するための栄養補助食品であり、薬とは異なります。
しかし食品だから体に負担はなくて安心、と過信してしまうのはいけません。
症状の改善を急いで過剰にサプリメントを摂取したり、既往症との不都合、薬との飲み合わせによっては、体に何か異変が起こったり薬の効果を邪魔してしまうものもあります。
摂取の仕方を間違えると副作用があらわれる可能性もあることをきちんと理解し、自分に合った適量を摂ることが大切です。

サプリメントはたくさん飲めば効果が早くあらわれるものではありません。
安全に、そして効果的に摂取するには、必ず摂取量を守ることです。
飲み方は栄養成分や目的によって異なり、たとえばダイエット目的に食物繊維を摂る場合は食前に摂り、空腹を満たして食べすぎを防ぎます。
逆に亜鉛は吸収が良過ぎるため、食前の空腹時に摂ると気持ちが悪くなることがあります。
食後に飲むのが効果的なのは、脂溶性ビタミンA・D・Eです。
また栄養素同士の組み合わせとしては、ビタミンCとコラーゲンのように一緒に摂ると効果がアップするものや、逆にビタミンEと鉄のように一緒に飲むと効果を邪魔してしまうものもあります。
この組み合わせはサプリメントの飲み合わせだけでなく、普段の献立を考える上でも参考になるでしょう。

posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 07:00 | Comment(0) | サプリメントは安全か? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サプリメントを選ぶ

サプリメント ハーブティー
サプリメントを選ぶ

数あるサプリメントの中から、自分の目的にあったものを購入しようとするとき、商品そのものの確実な情報が必要となります。
各成分に関しての情報は本やインターネット上でも調べることができますが、実際に使用するときにはその商品に含まれている成分、含有量、価格などが購入の決め手となるでしょう。
サプリメントを選ぶ際には、表示に関して次のようなことに注目してみてください。

●製造者・販売者が明記されているか。
 商品に関する責任の所在をはっきりさせておきましょう。
●原材料はきちんと表示されているか。
●お客様窓口などの問合せ先は明示してあるか。
 商品に関する苦情や相談の窓口があるということは、品質や安全性について責任を持って対応にあたることを意味します。
●栄養成分やその他含有成分の量がきちんと示されているか。
●飲むときに必要となる情報が明記されているか。
 摂取方法や摂取量、注意事項などは、安全に使用するためには不可欠な情報です。
●効能に関しておおげさだったり曖昧な不適切な表現はされていないか。

サプリメントはあくまで食品です。
症状はあるが検査では異常がない、いわゆる未病の段階で使用するもので、薬の代わりにはならないことを忘れてはいけません。
またサプリメントは使用法を誤ったり過剰摂取した場合には、からだに害が及ぶ可能性もあることも頭に置いておく必要があります。
今からだに感じている不快な症状に、何らかの治療効果を期待するのであれば、サプリメントではなく、医薬品を使用してください。


posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 07:00 | Comment(0) | サプリメントを選ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハーブティー【効能と種類】

ハーブティー【効果と飲み方】
 ┃
 ┣ ハーブティーと共に
 ┣ habu.jpgハーブティー 楽しみ方
 ┣ 効用
 ┣ 特徴
   ┗ 特徴(2)
 ┣ 知識
 ┣ 種類
 ┣ 効能(1)
   ┗ 効能(2)
 ┣ 効果
 ┣ 入れ方
   ┣ 入れ方(ホット・アイス)
   ┗ 生ハーブを入れてみる
 ┣ 美味しい飲み方
   ┣ 美味しい飲み方(2)
   ┣ ドライハーブの飲み方
   ┣ 妊娠・授乳中の飲み方
   ┗ フレッシュハーブの飲み方 teahabu3.jpg
 ┣ ハーブごとの効果
   ┗ ハーブごとの効果(2)
 ┣ 楽しみ方
 ┣ 味わう
 ┣ 生活に取り入れる
 ┣ ブレンドハーブ
   ┗ 育てて飲む
 ┣ 栽培方法
 ┣ ハーブ保存方法
 ┣ カフェインについて
 ┗ ハーブティーを選んでみましょう

posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 22:01 | Comment(0) | ハーブティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サプリメント 【主な成分・栄養分】




飲む紫外線対策【SPFバリア】7日間お試しパック

momobgyoko.JPG

サプリメント 【主な成分・栄養分】

現代社会になぜサプリメントが必要なのか
 │
 ├ サプリメントの安全性
 ├ ビタミンA
 ├ ビタミンB群
 ├ ビタミンC
 ├ ビタミンD
 ├ ビタミンE
 ├ 葉酸
 ├ 亜鉛
 ├ カルシウム
 ├
 ├ マグネシウム
 ├ キチン・キトサン
 ├ グルコサミン
 ├ コラーゲン
 ├ イソフラボン
 ├ ウコン
 ├ カプサイシン
 ├ GABA
 ├ センナ
 ├ 乳酸菌
 ├ ヒアルロン酸
 ├ αリポ酸
 ├ サイリウム
 ├ ローヤルゼリー
 ├ 青汁
 ├ クエン酸
 ├ アントシアニン
 ├ ガルシニア
 └ サプリメントを選ぶ

ワンランク上の美肌サプリ【美肌うるる】

posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 18:32 | Comment(0) | サプリメント基礎知識(目次) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アロマテラピー【心と体の癒し効果】

サプリメント ハーブティー アロマテラピー
アロマテラピー【心と体の癒し効果】


アロマテラピー アロマテラピーとは
アロマテラピー アロマテラピーの歴史
アロマテラピー アロマテラピーメリット
アロマテラピー キャンドル
アロマテラピー キャンドル(2)
アロマテラピー エッセンシャルオイル
アロマテラピー 子供が使う
アロマテラピー ダイエット
アロマテラピー マッサージ
アロマテラピー キャリアオイル
アロマテラピー アロマバス
アロマテラピー 湿布
アロマテラピー エッセンシャルオイルの選び方
アロマテラピー 化粧水
アロマテラピー スキンケア
アロマテラピー コスメ
アロマテラピー 虫除けスプレー
アロマテラピー アロマスプレー
アロマテラピー 手軽に楽しむ
アロマテラピー ペットアロマ
アロマテラピー 花粉症対策
アロマテラピー 生理痛に効く
アロマテラピー 頭痛に効く
アロマテラピー 二日酔い
アロマテラピー 便秘に効く
アロマテラピー 不眠症に効く
アロマテラピー 食欲不振
アロマテラピー 集中力を高める
アロマテラピー 不安を解消
アロマテラピー 冷え性
posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 00:00 | Comment(0) | アロマテラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美味しいお茶を飲むコツ【お茶の知識と効能】

サプリメン トハーブティー お茶
日本茶 美味しいお茶を飲むコツ

日本茶 お茶と花粉症
日本茶 お茶でダイエット
日本茶 お茶と便秘
日本茶 ビジネスのお茶の入れ方
日本茶 美味しいお茶の入れ方
日本茶 お茶の種類(1)
日本茶 お茶の種類(2)
日本茶 お茶の種類(3)
日本茶 お茶の種類(4)
日本茶 お茶の種類(5)
日本茶 お茶の産地
日本茶 お茶レシピ【お粥】
日本茶 お茶レシピ【卵焼き】
日本茶 煎茶の入れ方
日本茶 お茶の劣化
日本茶 日本茶を美味しく入れる方法
日本茶 日本茶と中国茶
日本茶 日本茶と紅茶
日本茶 お茶の発祥の地
日本茶 日本茶を美味しく飲むコツ
日本茶 お茶でダイエット
日本茶 お茶の効能(1)
日本茶 お茶の効能(2)
日本茶 お茶の効能(3)
日本茶 お茶で薬を飲むのは良い事?
日本茶 コレステロールとお茶
日本茶 カテキンの効果
日本茶 お茶の正しい保存方法
日本茶 お茶石鹸
日本茶 ビジネス面のお茶出しマナー

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 00:00 | Comment(0) | 日本茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 |TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。