元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事金の美茶

サプリメント主な成分 | ハーブティー

サプリメント基礎知識(目次)

なぜサプリメントが必要なのか
サプリメントは安全?
ビタミンA
ビタミンB群
ビタミンC
ビタミンD
ビタミンE
葉酸
亜鉛
カルシウム

マグネシウム
キチン・キトサン
グルコサミン
コラーゲン
イソフラボン
ウコン
カプサイシン
GABA
センナ
乳酸菌
ヒアルロン酸
αリポ酸
サイリウム
ローヤルゼリー
青汁
クエン酸
アントシアニン
ガルシニア
サプリメントを選ぶ

posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 07:00 | Comment(0) | サプリメント基礎知識(目次) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アントシアニン

サプリメント ハーブティー
アントシアニン

目に良いサプリメントとしてブルーベリーやアントシアニンの名のつく商品がいろいろ出ています。
ブルーベリーの皮に含まれる青むらさき色のアントシアニンという成分に、視力回復や目の健康維持に役立つ作用があるとされているのです。
アントシアニンは、目の網膜にある細い血管を丈夫にして血液の流れをよくすることで、目のすみずみまで酸素や栄養分を行き渡らせ、目の働きを活性化させるといわれています。
目のピント調節の働きを回復させ、疲れによる目のかすみやちらつきを改善させるとも言われています。
また暗いところでの視力に関与しているロドプシンの合成を促進するとも考えられています。
仕事で長い時間パソコンの画面を見続けている人など、目を酷使している人にはアントシアニンのサプリメントが有効かもしれませんね。

アントシアニンはブルーベリー以外にも、ぶどうやいちご、さくらんぼ、紫キャベツ、紅芋、赤しそなど、あざやかな色彩を持つ野菜や果物に含まれています。
これらの植物がアントシアニン色素を持っているのは、紫外線による刺激から自分の身を守るためだろうと考えられています。
アントシアニンはポリフェノールの一種であり、抗酸化作用を持っているのです。
ポリフェノールの作用が話題になり、赤ワインがたくさん売れた時期もありましたね。
お茶のカテキン、そばのルチン、大豆イソフラボンなどもポリフェノールの仲間です。
植物も生きていくためにすばらしい力を秘めているのですね。


posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 07:00 | Comment(0) | アントシアニン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クエン酸

サプリメント ハーブティー
クエン酸

クエン酸と聞いただけで口の中に唾液がじわーっと溜まってきそうな感じがしませんか。
クエン酸はレモンや梅干し、酢などに含まれる成分で、さわやかな酸味が特徴です。

私たちのからだの中でのクエン酸のおもな働きは、疲労回復、疲労予防です。
体内でエネルギーを生産し、老廃物を燃やす過程でクエン酸は中心的な役割を果たしています。
その過程が正常に機能していれば、疲労物質とも言われる乳酸が体内にたまりにくくなり、体内のブドウ糖を効率よく燃焼させることができます。

またクエン酸は鉄や亜鉛、カルシウムなどの金属とくっつくと水に溶けやすくなり、ミネラルの吸収を高めてくれます。
小魚の南蛮漬けでは魚のカルシウム+酢のクエン酸が一緒になることでカルシウムの吸収をよくなる、など、普段の食生活の中でも活用されている作用です。
クエン酸は水に溶けやすい性質を持っていますが、熱には弱いので、調理の際には気をつけてください。

またクエン酸は弱酸性を示すため、食用だけでなく掃除にもよく使われています。
ポットの洗浄などに有効で、満水にしたポットにクエン酸を50gほど加えて1時間通電し、あとは軽く洗い流せばOKです。
製菓材料やサプリメントに含まれるクエン酸も、掃除に使うクエン酸も基本的には同じものですが、サプリメントには甘味料やその他の栄養素が入っている場合もあるので、掃除に使うときはサプリメントのクエン酸は使わない方がよいでしょう。
掃除には日本薬局方クエン酸がよいと思います。


posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 07:00 | Comment(0) | クエン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青汁

サプリメント ハーブティー
青汁

「うーん、まずい!もう1杯!」のコマーシャルで有名になった青汁ですが、どれほどまずいものか飲んでみたい、と興味を持たせた意味ではあのコマーシャルも成功だったのではないでしょうか。
葉っぱをすりおろしたようなドロドロとした舌触りが苦手、あの青臭さは鼻をつまんで飲んでも隠せない、などやはり味や食感に関してはあまりよい印象はなかったようです。
今では飲みにくさを改善するためいろいろな工夫が凝らされて、錠剤の青汁サプリメントも発売されています。
普段の食事に足りない栄養を補うのがサプリメントの役割なので、野菜不足を感じたらこれらを利用するのもひとつの方法だと思います。

青汁の原料と言えばケールが有名です。
ケールは大きな葉が特徴で、1枚が200gもあるそうです。
キャベツの葉のおよそ4倍もの大きさです。
ケールにはビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ミネラル、食物繊維、タンパク質などが豊富に含まれ、中でもカルシウムの多さは特筆すべき点です。
ケール100g中に含まれるカルシウムは牛乳1杯に含まれるカルシウムに匹敵する量だそうです。

現在、青汁の原料としてケール以外にもいろいろなものが使われていますので、少し紹介したいと思います。
●大麦若葉
 イネ科の植物で、麦芽はビールに使われ、若葉は青汁に利用されます。
 比較的、飲みやすい青汁と言われています。
●明日葉
 せり科の植物で、温暖な地域に自生します。
 生活習慣病の予防に効果的と言われるカルコン誘導体を含み、またビタミンB12の量も多いです。
●桑の葉
 クワ科の植物で、ビタミンB1、カロテンなどを含みます。
 血糖値をコントロールする働きがあると言われます。

posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 07:00 | Comment(0) | 青汁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイリウム

サプリメント ハーブティー
サイリウム

おなかの調子を整える目的のサプリメントやダイエット食品などに含まれているサイリウム。
サイリウムはオオバコの一種から取れる食物繊維で、水分を吸うとふくらみ、お通じをよくしてくれると言われます。
サイリウムを水に溶かして飲むタイプのサプリメントも発売されていますが、サイリウムは水を含むとゼリー状にふくらみ、飲んだあとに満腹感も得られ、お通じの改善だけでなく食べすぎ防止にもなるという人もいます。
他にはサイリウムのこのような特徴を活かして、水と混ぜるだけのダイエットデザートとして商品化されているものもあります。
このデザート、ぷるぷる、そして少しもっちりとした食感がなかなかうけているようですが・・・

サイリウムは市販の便秘薬にも用いられている成分ですので、自分の判断で他の便秘薬とサイリウムのサプリメントを併用すると腹痛や下痢を起こす可能性があります。
便秘にもさまざまな原因があり、ストレスや緊張など精神的な要因による便秘の場合は、腸がれん縮していることもあり、食物繊維の取り過ぎが逆効果となってしまうこともあります。
このような場合は、サイリウムで刺激を与えるのではなく、乳酸菌を含むサプリメントなどを試して様子を見てもよいと思います。

サイリウムを含むものにはサプリメントのほか、ゼリー飲料やスナック麺類などもあります。
食べる際に気をつけたいのは、十分な量の水分と一緒に摂るということです。
少ない水分でサイリウム入りの食品を食べると、のどに留まって危険なこともあります。
小さい子どもには食べさせない方が無難でしょう。



posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 07:00 | Comment(0) | サイリウム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

αリポ酸

サプリメント ハーブティー
αリポ酸

時代のサプリメントブームに乗って広く知られるようになったαリポ酸。
体脂肪が減る、とか中年太りの解消に、などのうたい文句に魅かれ、「飲むだけで痩せられるわけがない」と疑いながらもお金を出して痩せられるなら、少しぐらい・・・と思ってしまうのも仕方のないことかもしれません。
実際のところ、αリポ酸を飲むことによって人の体重が減るかどうかはまだまだ科学的な検証が必要なようです。
αリポ酸などのサプリメントはあくまでも手助けであることを忘れず、適度な運動や食生活の見直しを行なった上で摂取することが大切です。

さて、αリポ酸の体内での働きは、細胞内でエネルギーが作られるときに補酵素として働くことです。
食事から摂取した炭水化物がエネルギーに変わるときに不可欠な成分と言われます。
αリポ酸は体内でも作られますが、年齢を重ねるにつれ、その量は減ってきます。
これが中年太りの原因だという声もありますが、実際には中年太りにはさまざまな原因がからんでいますので、αリポ酸だけで肥満を解消するのは難しいでしょう。

αリポ酸にはもうひとつ、注目されている作用があります。
それは抗酸化作用で、ビタミンCなどの他の抗酸化作用を持つ物質よりも強力な抗酸化力があると言われています。
活性酸素の働きを抑えることから老化を遅らせ、脂肪の酸化を抑えることから動脈硬化を予防する効果もあるのでは、という意見もあります。
このようにαリポ酸のサプリメントには未知なるさまざまな可能性が秘められていると言えそうです。



posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 07:00 | Comment(0) | αリポ酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアルロン酸

サプリメント ハーブティー
ヒアルロン酸

お肌の調子を気にしている女性なら、ヒアルロン酸を含んだ商品を使っているかもしれませんね。
一般的には肌に潤いを与える成分として知られているヒアルロン酸ですが、からだのあらゆる部分に存在していて、特に皮膚、関節、目に多く含まれています。
そのため、肌に関わる商品だけでなく、ドライアイ対策の目薬にもヒアルロン酸は用いられています。
ヒアルロン酸は目においては、丸い目の形と眼球の弾力性を保つ役割を担っています。
目の表面の水分蒸発を防ぐほか、角膜についた傷を治す手助けをします。

ヒアルロン酸のもっともすぐれた作用というのはやはりその保水力でしょう。
1gのヒアルロン酸で、なんと6リットルもの水を保持できると言われています。
水溶液は無色透明でネバネバして、トロッとしています。
このような性質のヒアルロン酸は皮膚の真皮部分に多く含まれ、皮膚内の水分量を一定に保ち、肌に張りと潤いを与えてくれます。
しかしながら、そのすぐれた保水力を持つヒアルロン酸も、年齢を重ねるごとに減少してしまいます。
そのため、ヒアルロン酸を配合したパックや化粧水で外から補って、肌のたるみやしわの出現を少しでも遅らせようと女性は努力するのです。

そういえば、ヒアルロン酸関連の化粧品はよく見かけるのに、飲むタイプのサプリメントは意外と少ないことに気付きませんか?
これまではヒアルロン酸は分子量が大きく、口から摂取しても吸収されにくく効果が期待できないとされてきたためです。
しかし最近、吸収されやすい工夫を施した商品なども出始めているようです。
医薬品としての有用性は認められているヒアルロン酸ですが、サプリメントとして飲んだ時の効果は未知数といったところでしょうか。




posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 07:00 | Comment(0) | ヒアルロン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乳酸菌

サプリメント ハーブティー
乳酸菌

お腹の調子を整えることでよく知られている乳酸菌。
毎日の健康なお通じのために欠かさず摂りたいけれど、実はヨーグルトなどの乳製品が苦手、という人はサプリメントを利用するのもよいですね。
しかし乳酸菌というとどうしてもヨーグルトや乳酸菌飲料のイメージがありますが、しば漬けやキムチなどのお漬物や味噌、しょうゆにも乳酸菌は含まれています。
よく知られているのはビフィズス菌ですが、このほかにもスーパーの乳製品売り場やサプリメントコーナーで見かけるヤクルト菌、LG21、ラブレ菌、KW乳酸菌、カルピス菌なども乳酸菌の仲間です。

乳酸菌の作用としてまず浮かぶのがお腹の調子を整えることですが、これは便秘の改善だけでなく下痢の症状にも有効なのです。
乳酸菌が生きて腸に届くと、乳酸菌はそこで乳酸を作り、腸内を弱酸性に保ちます。
弱酸性の状態は、善玉菌にとっては過ごしやすく、悪玉菌にとっては居心地が悪い状態になります。
そして悪玉菌が徐々に減ってゆき、腸内細菌のバランスがよくなっていくのです。
腸内環境を整えることによって、気持ちのよい排便を促すことができます。
固すぎる便はやわらかく、やわらか過ぎる便は適度な固さに調節してくれます。
もし原因のわからない下痢の時に強い下痢止め薬を飲むのなら、まず乳酸菌を摂取して様子を見る方がよい場合もあります。
また便秘薬が手放せないという人も、乳酸菌を一緒に摂ることで排便がらくになることがあります。

posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 07:00 | Comment(0) | 乳酸菌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

センナ

サプリメント ハーブティー
センナ

センナという植物をご存知でしょうか。
薬局やドラッグストアでセンナ茶とか便秘改善のためのサプリメントとして「センナ」の名前を見たことがある人も多いかと思います。
特にセンナ茶は便秘コーナーではなく健康茶コーナーに並んでいることもあり、便秘と無縁の人もお目にかかる機会があるわけです。

センナは便秘を改善するお茶として日本でも古くから用いられてきました。
日本ではセンナの葉と果実は医薬品に分類され、お茶やサプリメントに利用できるのは茎の部分だけとされています。
そのため、効果を上げるために葉や果実を混ぜたサプリメントなどは違法商品となります。

センナの有効成分は、腸内細菌の働きで大腸を刺激する物質となり、それによって排便を促します。
植物由来成分と聞くと、いかにも作用はおだやかでからだにもやさしいイメージがありますが、センナの作用は決して弱いものではありません。
センナを飲んだあと、激しい腹痛や下痢を起こすこともあります。
長期にわたってセンナを飲み続け、慢性的な下痢の状態が続けば、体内のカリウムが失われて筋肉に力が入らなくなり、不整脈が起こることもあります。
一般にきちんとしたセンナ茶であれば、含まれる有効成分も副作用の心配のない範囲の量ですが、個人差や体調により作用が強く出る場合もあります。

便秘でもないのに「便秘になるのが怖くて・・・」とセンナ茶やサプリメントを飲む人もいます。
ダイエットなど必要のないくらいほっそりしている人までが「太るのが怖い」とダイエット関連商品を購入したりしています。
しかし一番大切なのはバランスのよい食事と適度な運動で健康的にお通じを整えることです。
便秘薬を飲むほどではないけど便が出にくい・・・センナ茶はそんなときに試してみる程度に留めておくのがよいと思います。




posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 06:00 | Comment(0) | センナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GABA

サプリメント ハーブティー
GABA(ギャバ)

「ギャバはからだにいいらしい」「ストレス社会で闘うあなたに」などというキャッチコピーで一躍有名になったGABAを含む商品ですが、具体的にGABAの何がどうからだによいのか知っている人は少ないかもしれません。
ここ数年でよく聞くようになった成分ですが、新しく発見された成分ではなく、もともと私たちのからだの中、特に脳やせき髄などの中枢神経系に多く存在しており、抑制性の神経伝達物質として働いています。
GABAが不足すると興奮しやすくなることがわかっているため、精神を安定させイライラを沈める、よく眠れるようになる、不安を解消する、などの効果が期待されています。
もし、今あなたのからだに不調があり、それがストレスを原因とするものであるなら、GABA入り商品やサプリメントを試してみるのも良いかもしれません。

またストレス社会と言われる世の中で、抗ストレス作用があるGABAが注目されたのもわかりますが、GABAの働きは他にもあります。
まず、脳の代謝・機能を活性化すること、そして血圧の上昇を防ぐという働きです。
しかし脳や血圧に不安を持っているが薬は怖いからGABAのようなサプリメントを試そう、と思っている人はちょっと待ってください。
サプリメントはあくまで補助食品であって、薬の代わりになるほど確実な作用は得られません。
医師や薬剤師と相談の上で試してみてください。

GABAが含まれる食品としてよく知られているのは発芽玄米ですね。
玄米には食物繊維やビタミン、ミネラルなどが白米より豊富に含まれていますので、GABAの作用だけでなくいろいろな面で体調を整えるのに適していると言えます。
またブロッコリースプラウトなどの発芽野菜、漬物や乳酸菌飲料などの発酵食品にもGABAが多く含まれています。
発芽や発酵によって引き出される植物の自然な力を上手に取り入れたいものですね。




posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 08:00 | Comment(0) | GABA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カプサイシン

サプリメント ハーブティー
カプサイシン

トウガラシの辛みの主成分であるカプサイシン。
ダイエット効果を期待してトウガラシ成分を含んだサプリメントを飲み続けている人もいると思います。
確かに辛いトウガラシを食べると汗をかいて、脂肪が燃えている、代謝がアップしている、というイメージはありますよね。
しかしそれがダイエット効果としてあらわれるかと言うと、明らかになっていない部分が多いようです。

激辛カプサイシン粒 240粒

激辛カプサイシン粒 240粒

  • 出版社/メーカー: 山本漢方製薬
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品




実は近年、辛くない種類のトウガラシから抽出された成分に、脂肪燃焼作用や体温上昇作用、さらには体脂肪減少作用があることが明らかになったそうです。
すでに商品化もされているというこの成分、カプシエイトというそうなのですが、まだメカニズムはわかっていません。
ただ、辛くないトウガラシから抽出された成分ということで、今までの「辛いカプサイシン=ダイエット効果」という認識に疑問が持たれるようになるかもしれません。

食べた後とうがらしダイエット

食べた後とうがらしダイエット

  • 出版社/メーカー: ミナミヘルシーフーズ
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品




カプサイシンを含む燃焼系のダイエットサプリメントを規定量内で摂取する分には問題ないと思いますが、痩せようとするあまり、毎日の食事に真っ赤になるほどトウガラシをかけて食べている人はその認識を改めた方がよさそうです。
何かを食べて痩せるという方法はありえませんし、毎日そんなに大量に刺激物を摂っていては、胃粘膜も傷つけられます。
またカプサイシンはそのままの形で便中に排出されるので、肛門に強い刺激を感じ、つらい思いをすることにもなりかねません。

トウガラシ成分入りのサプリメントですが、ダイエット効果より冷え性の改善に役立った、という意見はありました。

カプサイシンのサプリメント「カイエン」

オーガランド カプサイシンdeダイエット【3個セット・3ヶ月分】

オーガランド カプサイシンdeダイエット【3個セット・3ヶ月分】

  • 出版社/メーカー: 株式会社オーガランド
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品



自然がもたらす栄養素(1)カプサイシン
posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 07:00 | Comment(0) | カプサイシン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 |TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。