元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事金の美茶

サプリメント主な成分 | ハーブティー

新型ビタミンC 誘導体

サプリメント ハーブティー ニキビ予防
新型ビタミンC 誘導体
http://kininaru-nikibi.seesaa.net/article/114840206.html




posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 09:38 | Comment(0) | ダイエット 健康関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デトックスの対象となる毒素2

サプリメント ハーブティー デトックス健康法
デトックスの対象となる毒素2
http://detoxkenkohou.seesaa.net/article/114786852.html



アルミ.jpg人体に悪影響を起すアルミニウム。わたしたちの食生活に深く浸透しているが・・・
posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 10:05 | Comment(0) | ダイエット 健康関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハーブティーの効能1

サプリメント ハーブティー
ハーブティーの効能1



【リラックス】
ハーブティーを飲んで「ホッ」と一息付く事ってありませんか?ハーブティーの中には精神的な緊張や、肉体的な緊張を解きほぐすようなリラックス効果が有る物もあります。
近代社会において「ストレス」と言う言葉が定着し、今やほとんどの人がストレスを抱えているのではないかと言う位、ストレス社会になっています。人間関係、仕事、家庭、そのどれにもストレスがあるようです。
毎日毎日ストレスを感じるような生活を送っているのであれば息が詰まってしまいますよね。ストレスを軽減させる為にはやはりリラックスさせると言う事が必要なのではないかと思います。
そこで、手軽にストレスを和らげる方法でお勧めなのが、ハーブティーを飲む事です。お勧めのハーブは「ラベンダー」「ジャーマンカモミール」「レモンバーム」等です。
ストレスが溜まった身体、疲れが溜まった身体にハーブティーを飲み、リラックス出来る時間を作ってみて下さい。
【安眠】
睡眠は人間の生活に於いて無くてはならない行為です。しかし近年では睡眠障害と言う「不眠」「寝つきが悪い」「朝スッキリ起きられない」と言ったような症状で悩んでいる方がたくさんいると思います。
その症状を少しでも和らげる方法としてハーブティーはすごく役に立ちます。リラックスの時と同じように「レモンバーム」「ジャーマンカモミール」等のハーブティーを飲んで見ると身体の緊張が解きほぐれ眠れるかもしれませんよ。
但し出掛ける前や運転前に飲むとボーッとしてしまう恐れがありますので注意しましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 11:56 | Comment(0) | ハーブティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生のハーブを使ってハーブティーを入れてみる

ハーブティーを入れる時に、ティーパックや乾燥したハーブを使うのが一般的だと思うのですが、好みにはよりますが自分でハーブを栽培して、生のままハーブティーを作ってみると言う事をやってみるのもハーブティーを楽しめて良いと思います。

生のハーブを使うときにはハーブを粗めにちぎったり刻んだりすると香りが引き立ち、香りを楽しめるハーブティーを作る事が出来ます。生のハーブを使う方法ですがハーブを摘んできたらそのハーブの汚れを取る為に水でよく洗いましょう。そして、ハーブを粗めにちぎる様な感じで温めたティーポットに入れましょう。そしたら沸騰したお湯を静かに注いでハーブのエキスを抽出していきます。

基本的には乾燥したハーブを使って入れる方法と同じだと思うのですが生のハーブを使う場合、ティーポットを使って入れる方法と、鍋を使って煮出すと言う方法があります。煮出す方法ですが、まずはお鍋に水を入れて沸騰させます。沸騰したら生のハーブを鍋に入れやすい大きさに切って入れて煮出します。煮出す時間はティーポットの時よりは短く2?3分位でOKです。煮詰めすぎてしまうとハーブの苦味が出てしまいせっかくのハーブティーが台無しになってしまうので、煮出す時間だけは注意するようにしましょう。煮出したら茶漉しを使って直接カップに入れるかポットに移し入れて戴いてください。

但し、この時のハーブの量はポットで入れる時よりも多くする必要がありますので、色々やってみて自分の好みに調節してみてください。

posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ハーブティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜサプリメントが必要なのか

サプリメント ハーブティ
なぜサプリメントが必要なのか




栄養たっぷり生野菜。本当はこんな風に食べれればいいけど・・・。
スーパーに行けば大抵のジャンルの食材が手に入り、ちょっと特殊なものでも通信販売などを利用すればほとんどの物が食べられる世の中になりました。
日本にいながら、そして自宅にいながら、世界各国の料理が食べられます。
そんな飽食と言われる時代に、食卓の料理から栄養素足りなくなってきているのは、どういった訳なのでしょうか。
現在の食生活は、カロリーは満たされていても、ビタミン・ミネラルなどの体の機能を整えるために必要な栄養素が不足しているのです。
材料となる野菜も、昔に比べると栄養価がどんどん落ちています。
それは化学肥料に頼った農法が原因で、土からビタミンやミネラルが吸収されなくなったためだと言われています。
また加工食品の増加や食生活の欧米化により、さらに栄養を奪う調理や脂質過剰な食事が多くなってしまいました。
本来、私たちの体が正常に機能するには、健康で栄養のある食材をできるだけ加工しない状態で食べることが望ましいのですが、現代ではそれはなかなか難しい状態です。
そこで栄養補助食品と言われるサプリメントが必要になってきているのです。
サプリメントはいろいろな種類のものが出ていますから、多くの人が1度くらいは摂取したことがあるかと思います。
食材からの栄養が摂りづらくなってきている現状とは裏腹に、現代人の健康志向は高まる一方です。
そのため、サプリメントの需要も急速に伸びてきています。
サプリメントは食品と言われているように、薬ではありません
からだに不足しがちなビタミンやミネラル、ハーブなど精神的にもよい作用をもたらす成分を含み、形状は錠剤や粉末、液体などいろいろあります。
薬局やドラッグストア、スーパーやコンビニ、通信販売などで手軽な値段で購入できるようになりました。
自分の判断で購入、摂取できるものなので、サプリメントに関しての正しい知識を持つことが大切になります。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 16:54 | Comment(0) | なぜサプリメントが必要なのか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハーブティーを作ってみましょう

ハーブティーを作ってみましょう
美容の法則 サプリメントとハーブティー

ハーブティー―おいしく飲んで美しく健康に 57種のハーブからつくる192のハーブティー

ハーブティー―おいしく飲んで美しく健康に 57種のハーブからつくる192のハーブティー

  • 作者: 佐々木 薫
  • 出版社/メーカー: 池田書店
  • 発売日: 1998/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




ハーブティーはお店で飲む飲み物だと思っている人はいませんか?
あまり身近な飲み物でないと、なかなか自分では家で入れてみると言う考えは起きないかもしれませんが、家でお茶や紅茶を飲むのと大差が無いので構える事無く気軽に、手軽に家で作ってみませんか?

ハーブティーの作り方は、とても簡単でハーブと言っていますが、イメージはお茶の葉っぱを使うのと同じだと考えてみましょう。
乾燥させたハーブを使う場合は1杯分がティースプーン1杯分、生のハーブを使う場合はティースプーン3杯分を目安にしてティーポットや急須に入れます。
そこに沸騰させたお湯を静かに注いでポットの蓋をして3〜5分ほど蒸らすような感じでお茶を抽出します。
そして、温めたティーカップに注いで飲むだけです。簡単ですよね。お茶も紅茶も同じ様な感じで入れると思いますので同じやり方だと思ってくれればいいと思います。
この蒸らす時間を調節すれば、ハーブティーの濃さや香りの強さなど変わってきますのでお好みで確かめながら飲んでみるのがいいと思います。
また注意する点としては蒸らす時間を長くし過ぎないと言う事です。
長く蒸らし過ぎてしまうと、苦味が出る様になったり、フレッシュハーブの場合青臭さが出てくるようになったりしてしまうので飲みづらくなってしまうと思いますので注意しましょう。
この時濃い目のお茶を作りたいのであれば蒸らす時間を長くするのではなく、使用するハーブの量を増やしましょう。


生活の木 ハーブティー マグ Mラベンダー

生活の木 ハーブティー マグ Mラベンダー

  • 出版社/メーカー: 生活の木
  • メディア: ホーム&キッチン


生活の木 ハーブティー マグ Mローズマリー 74319950




posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 19:34 | Comment(0) | ハーブティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特徴があるハーブ

サプリメン トハーブティー
特徴があるハーブ
ハーブ.jpg

ハーブと言ってもものすごいたくさんの種類があります。
ハーブを取り入れる簡単な方法はハーブティーだと思うのですが、どんなハーブが有るのか知っておくだけでも取り入れ方が変わってくると思います。

ここで、ハーブの中でも特徴があるハーブをご紹介してみたいと思います。

【色に特徴があるハーブ】
ハイビスカス
ハーブティーにすると鮮やかな赤い色を出します。
・マリーゴールド
ハーブティーにすると綺麗な黄金色のお茶になります。その綺麗な色を見ているだけで癒されるような感じがします。
マロウ
色が変化をするのが特徴で、最初は青い色、時間が経つと紫に、レモンを加えるとピンクになるなど色の変化が楽しいハーブティーです。

【香りに特徴があるハーブ】
レモンバーム
レモンの爽やかな香りがします。匂いを嗅ぐだけで気持ちがリフレッシュされます。
スペアミント
ミントのガムのような香りがあり、とても清涼感があるハーブです。
オレンジピール
名前の通りオレンジの皮を乾燥させて作ったハーブで、オレンジの甘酸っぱい香りがします。

【味に特徴があるハーブ】
ジンジャー
和名で「生姜」の事を指しています。味は辛味がありスパイスが効いているような感じがします。
チリ
唐辛子のような辛さが特徴的なハーブです。
チコリ
苦味があるハーブです。コーヒーの苦さが少し和らいだような苦味があります。

ハーブティーは出会いだと思います。よいハーブティーを見つけあなただけの楽しみ方を見つける様にしてみてください。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 13:32 | Comment(0) | サプリメント基礎知識(目次) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生活の中にハーブティーを取り入れる

ハーブティーを生活の中に取り入れてみませんか?例えば朝目覚めたらペパーミントのハーブティーで気分をリフレッシュさせてみるとか、寝る前にはラベンダーのハーブティーで気分を落ち着けて安眠効果を得るとかそう言った飲み方を取り入れると気分も変わってくると思います。

ハーブは昔から薬としても使われている事が多い程、様々な効果を期待できると思うのですが、薬として使われていたからこそ適量を使うようにすると、刺激が強すぎず生活を豊かにしてくれる物なのではないかと思います。ハーブティーを飲むようになって、体調が良くなってきたような感じもするし、夜も良く眠れるようになってきたりするのではないかと思います。

ハーブティーを飲む場合、「ドライ」と言うハーブを乾燥させた物を使ったり、「フレッシュ」と言う取れたてのハーブを使ったりしますが、どちらも簡単に入れる事が出来ます。しかし、そう言うものではなく、もっと簡単にハーブティーを入れる事が出来るのですがそれが「ティーバッグ」です。最近色んな種類のティーバッグが市販されていますのでこれを使うと紅茶を入れるのと同じような感覚でハーブティーを飲む事が出来ます。またこれだと色んなブレンドをしている物が売られていますし、効能別にブレンドされていますのでより手軽にハーブティーを始めていただく事が出来ると思います。

ハーブティーは難しい物ではありません。簡単に頂く事が出来ますので是非生活の中に取り入れて見てください。



posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | サプリメント基礎知識(目次) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハーブティーの入れ方(ホット・アイス)

ハーブティーの入れ方について、ホットの場合とアイスの場合の入れ方をご紹介したいと思います。まずハーブティーを入れるには茶こしとやかんがあればOKです。ですから特別な道具は要らないので簡単に作る事が出来ます。

【ハーブティーの入れ方(ホット)】
まず、カップを温めておきます。ティーポットを使う場合にはティーポットも温めて置くようにしましょう。次にハーブを適量入れます。大体ティースプーン1杯で1人分が目安になります。
次にティーポットに沸騰したお湯を静かに注ぎます。そして蓋をして5分ほど蒸らしてください。この時蓋をしないとお湯も冷めてしまいますし、香りも逃げてしまいますので必ず蓋をするようにして下さい。
その後ティーカップに注いで召し上がってください。この時茶こしを使って入れるとハーブがカップに入らないのでいいと思います。お好みで蜂蜜やミルクなどを入れても美味しく召し上がって頂けます。

【ハーブティーの入れ方(アイス)】
ホットの時と同じように下準備としてティーポットを温めておきましょう。逆にカップは冷やしておいたほうがお美味しいと思います。
ハーブティーをアイスで入れる場合はお湯の量をホットの時より少なくして濃い目に出すようにしましょう。
大体ホットと比べて2?3倍の濃さと思ってくれればいいと思います。ですからホットと同じ量を飲みたい場合には使うハーブの量を増やすようにしましょう。

そして、熱湯をティーポットに入れて蓋をして5分ほど蒸らしてください。カップに入れるときには、カップに氷を入れて注ぐようにしてください。濃さが氷によって調度良くなります。





posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ハーブティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハーブティーを味わってみましょう

ハーブティーを良く味わう為にはフィルター付きのティーポットを使ってみてはいかがでしょうか。ハーブティーと言うのはハーブの硬い部分と柔らかい部分を抽出して飲むのですがお湯で抽出する時に硬い部分と、柔らかい部分は抽出時間が異なります。
ですからお湯を注いでから最初のうちは柔らかい部分だけからしか抽出されていないので味が薄く、少し経つと硬い部分からも抽出されるようになるので濃くなります。そしてもっと時間が経ってしまうと苦みを感じるようになります。
こう言った抽出の仕組みがありますので、出来るだけハーブティーは数回に分けて味を変えながら味わいながら飲むのがより深く味わえていいと思います。
そしてフィルターが付いていると、抽出しすぎないように調整が掛かりますので苦くなり過ぎずに飲む事が出来ると言う事になります。
ハーブは色んな効果があるので、その効果を得る為にハーブ1種類でハーブティーを入れても良いのですが、複数のハーブを組み合わせて入れる事によって相乗効果を出す事が出来ます。
これによってより多くの効果を出す事も出来ますし、味もブレンドされて苦手な味も好きな味に変わる事もあります。

ハーブは自然に作られている物です。ですから効果が出るとしても副作用が出ると言う事は殆ど無いと思います。ですからどんな組み合わせ方でハーブティーを入れてみても良いと言う事になります。健康面でも美容面でも効果を感じる事が出来るハーブティー、是非試してみて下さい。




posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ハーブティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハーブティーを飲んでみましょう

ハーブティーを飲んでみようと思っても何から飲んでいいのか、手を付けていいのか迷ってしまうと思います。理想としては好きなハーブを自分で選んでブレンドして、オリジナルのハーブティーを作ると言うのが良いとは思うのですが、最初のうちは市販されている物や既にブレンドされているハーブティーを買ってきて飲んでみるのが良いと思います。
市販されているハーブティーだと効果も分かりやすく書いてありますし、飲みやすくブレンドされていると思いますので初心者には手を出しやすい物だと思います。

では、ハーブを買ってきたら早速ハーブを入れてみましょう。まずはティーポットを用意します。それがなければ緑茶を入れる時に使う茶漉し付きの急須でも大丈夫です。
ティーポットか急須をまずは温めておきます。これはお湯を入れた時にお湯が冷めない様に防ぐと言う事です。そこにお湯とハーブを入れて(ティーカップ1杯分、ティースプーン1杯分のハーブが必要)蓋をして蒸らします。大体3?5分程蒸らすと香りもいい感じで出て来て飲み頃だと思います。

また、茶こしが無ければ市販されているお茶用のパックなんかを買ってきてその中にハーブを入れてティーパックの様にするのも良いと思います。

そして、蒸らしたら温めたティーカップにハーブを注いで頂きましょう。出来ればカップは透明な物の方がハーブティーの色も楽しめて良いと思います。
注意点としてはハーブティーには刺激が有る物もありますので、飲み過ぎには注意するようにしましょう。



posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ハーブティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハーブティーの効果と種類

ハーブティーは近年人気が浮上して来ている物で、アロマオイルなどと言った癒し系の物として人気があります。それにハーブティーの専門店もあるので以前よりは身近に感じられるようになって来ていると思います。

ハーブティーには種類がたくさん有り、そのどれにもそれぞれの効果が有りますので自分の好きな味、香り、効果を見つけるのは本当に色々試してみるしか無いと思います。また単独のハーブを使っても良いのですが、複数種類のハーブを混ぜて使って好みの味や香りにしても良いと思います。

主なハーブとしては、レモングラス、ラベンダー、ローズヒップ、カモミール、タイム、シナモン、ペパーミント、レモンバーム等があります。お好みでハーブティー専門のお店に行って自分でブレンドしてそれを愛飲するのもいいとは思うのですが最初はそれが難しいと思いますので既にブレンドしてある物を購入するのが良いと思います。それだと「これに効果があります。」とか書いてありますので、選びやすいと思いますよ。

また、近くにショップが無い場合でも最近ではインターネットとか通販で簡単に買う事が出来ますので調べてみるのがいいと思います。

ハーブティーは基本的に自然の物なので体に安心して飲用して貰う事が可能なのですが、オーガニックハーブティーみたいな物も出ていますのでそう言った物を試してみてもいいと思います。

自分が安心して飲めるハーブティーを見つけてホッと一息付けるような一時を楽しんでみませんか。


posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ハーブティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハーブティーを楽しみましょう

ハーブティーを飲んでいて、もっと美味しく飲みたいとか、もっと楽しんで飲みたいとか、味わって飲みたいとか思った事ってありませんか?

ハーブティーは飲む事によって様々な効果を感じる事が出来るのはもちろんですが、その香りや色を楽しんだりして心身ともに癒されると言う事が良い所だと思うのです。
例えば日常生活における疲れを癒す事が出来たり、緊張している心身をリラックスさせる事が出来たりとする事が出来ます。ハーブティーにはこう言った効果もあるのです。ですから身体にいい飲み物として飲むと言うのだけではなく、より美味しく楽しんで飲む事が大切になってくると思います。

では、よりハーブティーを美味しく飲む為にはハーブティーの入れ方も大事だと思います。その方法としてティーポットと言うお茶を入れる為のポットを使用する事をお勧めします。それと事前にポットとカップを温めて置く事で、淹れてもお茶が冷めずに美味しく頂く事が出来ます。

まずは温めたティーポットにハーブを適量入れます。そこに沸騰させたお湯を入れます。入れたらお茶をより抽出する為に5分ほど待ってみてください。その後、カップに注いで味わって飲んでみて下さい。

また、初めてハーブティーを口にした場合、美味しいと感じない場合も多いと思います。そう言った時は無理をせずにミルクを入れたり蜂蜜を入れたりして飲んだり、自分の好きな紅茶などに入れて飲んだりして飲みやすい形を見つけていきましょう。



posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ハーブティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハーブごとのハーブティーの効果2

ハーブティーの効果について、ハーブ毎に説明してみたいと思います。お好みのハーブがありましたら是非ハーブティーで摂取してみてくださいね。

【ローズヒップ】
酸味が有り、爽やかな香りが特徴的です。栄養も豊富でビタミンCはレモンの20?30倍も有ると言われていますし、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンEなども豊富に含まれています。ビタミンが豊富に含まれている事から美肌効果もあると言われていて、シミ、そばかすなども予防出来る効果があります。
またそれだけではなくて、利尿作用や肝機能を改善していく効果がある為にむくみなどにも効果があります。

【ペパーミント】
このハーブは私達の身近な物でもよく使われている物で、主に歯磨き粉、ガム、湿布、塗り薬、等に使われています。これから見る限りでも万能なハーブだと言う事が分かると思います。
ペパーミントを摂取する事で新陳代謝を活発にして、胃の機能、肝臓の機能も改善していきます。また精神的に落ち着かせる効果もありますので、気分をリフレッシュさせるには最適な物だと思います。

【ポットマリーゴールド】
吹き出物を緩和させたり、痛みを緩和させたりする効果が優れています。使い方で湿布として使う方法がありますが、肌を整える作用がカモミール以上ですので美肌効果が期待できます。
また、頭痛薬や歯が痛い時などの鎮静剤としての役割も持っています。更に髪の毛にとっても艶を与えると言った効果が期待出来る為、心身共に効果が期待できるハーブとなっています。


posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ハーブティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハーブティーについての効用

ハーブティー サプリメント
ハーブティーについての効用



ストレートティー

位置情報ハーブティーで体内に摂取するだけでなく、ハーブの効果は昔から薬草として使われていた程ですので、かなり効果は確実にあるのではないかと思います。

例えば、位置情報頭痛や腹痛と言った病気面での効用や、うつ病やリラックス効果などの精神面での効用など、心身の症状に効果を期待できます。

また、近年言われているのが美容面に関する効用です。主に有名なのはローズヒップですが、ビタミンCの含有量がレモン20個分あって、かなり注目度の高いハーブだと思います。またミネラルや鉄分など、人間に必要な栄養分が含まれているハーブもあります。

ハーブティーには様々な効能がありますので、以下にどんな効能があるか挙げてみたいと思いますので参考にしてみて下さい。

・リラックス効果等、精神面で落ち着くような感じを得る事が出来ます。
・安眠の効果を得られます。また、寝起きにも効果が得られます。
・生理痛など月経に関するトラブルに効果があります。
・花粉症に効果があります。
・食用不振、消化不良などにも効果があります。
・疲労や倦怠感、それから来るむくみなどにも効果があります。
・女性なら気になる美容面にも効果があります。
・肩こり、便秘、冷え性、風邪、ニキビなどにも効果があります。

と言うように本当に万能と言う位様々な効果を期待する事が可能です。

しかし、だからと言って過剰摂取し過ぎてしまうと思わぬ危険が生じる可能性がありますので、正しく飲用するようにしましょう。






posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 09:25 | Comment(0) | ハーブティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハーブごとのハーブティーの効果

ハーブティーって美味しいとか、身体に良いとか話には聞きますが、実際何のハーブティーが何の効果があると言うのは分からないで飲んでいる方が多いと思います。ここではハーブティーで効果が期待できる効能について説明してみたいと思います。

【タイム】
香りは男性的で爽やかと言うか、すっきりとした感じの香りがします。このハーブは古代ギリシャ時代、勇気のシンボル、品格のシンボル、活動のシンボルとされていました。
またこう言ったシンボル的な物だけでなく、殺菌作用や防カビ作用、防腐作用などがある為、食品を加工する際に活用されています。
また、ハーブティーとして飲む事で、体調不良(特に風邪や腹痛)を改善させたりむくみを改善させたりします。

【レモンバーム】
レモンバームはレモンのような香りがするハーブで気分を落ち着かせ、うつ病など精神的な病気を改善させてくれる効果があります。また肌にもとてもよく、乾燥肌が改善される場合もあります。更に体を温めてくれる作用がある為、冷え症などにも効果が期待できると思います。

【マロウ】
ハーブティーとしては癖があまりない為に、ハーブティーを飲み始める人にとって馴染みやすいハーブとなっています。また色に特徴があり、ハーブティーを入れた直後は鮮やかな青色、少し冷めるとグレー、レモンを入れるとピンクと言ったように色が変わる為目でも楽しむ事が出来るハーブティーです。
また効果としては鎮静作用、鎮痛作用、軟化作用がある為に様々な症状を和らげる事が出来るのも特徴的です。




posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ハーブティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フレッシュハーブを使ってハーブティーを飲んでみましょう

フレッシュタイプのハーブを使ってハーブティーを飲んでみましょう。

作り方を説明します。簡単に作れますので是非試してみてくださいね。

フレッシュハーブティーの入れ方と言っても基本的にはドライの場合と同じだと思っていいと思います。ただしフレッシュのハーブを使う時にはドライを入れる時の3倍の量を目安にしてくれればいいと思いますので、1杯作るのに大体ティースプーン3杯の分量を用意してください。(一応ドライハーブティーで作る場合には、ティースプーン1杯を使います。)

フレッシュハーブを使う時にはまずハーブを水洗いして汚れを取り、水気を切ります。ハーブをフレッシュタイプで使用する場合、ハーブが柔らかければ枝も全部使う事が出来ますが、固い場合は葉の部分だけを使うようにします。枝が固いと使えませんので注意して下さいね。

用意できたハーブをまずは入れやすい様に適当な大きさに切ります。千切りなどがいいと思いますが、ポットに入るように切って下さい。この時あまり細かく刻んでしまうと生ならではの青臭さが出てしまいますので刻みすぎないで、粗めに刻むようにしましょう。また刻み具合によっては味わいも変わってきますので何回か試してみてもらってもいいと思います。

フレッシュのハーブティーも入れ方は難しくありません。ちょっとした贅沢感を味わってみてもいいと思います。フレッシュならではの味わいを感じてみてください。


posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ハーブティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドライハーブを使ってハーブティーを飲んでみましょう

ドライタイプのハーブを使ってハーブティーを飲んでみましょう。

作り方を説明します。

まずドライタイプのハーブをティースプーンで約1杯分使用します。この時ハーブは細かく刻まれている物が多く、比較的多く取ってしまうようになるので少しだけ少なめに取るようにしてみてください。またあまりにも淹れにくいなと思ったら市販されているティーパックを利用してみるのもいいと思います。

次にポットにハーブを入れ、お湯をポットに入れます。ここでのお湯ですが沸騰させた後ちょっと間を置いた感じのお湯を注ぐようにしてください。お湯を入れたら蓋をします。これは香りをポットの中に充満させておくと言う意味もあります。そしておよそ5分位したら飲み頃となっているでしょう。また熱湯を注いでから飲み頃になるまでの時間ですが、3?5分位が妥当ではないかと思います。また濃い目のハーブティーが飲みたいからと言ってお湯を入れた後長く置く事で抽出して濃くすると言った方法は止めましょう。できるだけ、ハーブを多めに入れたポットにお湯を注いで3?5分待った状態でカップに注ぐようにすると濃い目のハーブティーが飲めます。

しかし、このお湯の置き方とかには例外もあり、お湯の中で花が開くのを楽しむと言ったハーブもあるのです。またハーブティーの色が状況によって変わると言ったハーブティーもあります。これでも眼で楽しむ事が出来るので良いと思います。色んなハーブで楽しんでみましょう。

posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ハーブティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 |TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。