元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事金の美茶

サプリメント主な成分 | ハーブティー

生のハーブを使ってハーブティーを入れてみる

ハーブティーを入れる時に、ティーパックや乾燥したハーブを使うのが一般的だと思うのですが、好みにはよりますが自分でハーブを栽培して、生のままハーブティーを作ってみると言う事をやってみるのもハーブティーを楽しめて良いと思います。

生のハーブを使うときにはハーブを粗めにちぎったり刻んだりすると香りが引き立ち、香りを楽しめるハーブティーを作る事が出来ます。生のハーブを使う方法ですがハーブを摘んできたらそのハーブの汚れを取る為に水でよく洗いましょう。そして、ハーブを粗めにちぎる様な感じで温めたティーポットに入れましょう。そしたら沸騰したお湯を静かに注いでハーブのエキスを抽出していきます。

基本的には乾燥したハーブを使って入れる方法と同じだと思うのですが生のハーブを使う場合、ティーポットを使って入れる方法と、鍋を使って煮出すと言う方法があります。煮出す方法ですが、まずはお鍋に水を入れて沸騰させます。沸騰したら生のハーブを鍋に入れやすい大きさに切って入れて煮出します。煮出す時間はティーポットの時よりは短く2?3分位でOKです。煮詰めすぎてしまうとハーブの苦味が出てしまいせっかくのハーブティーが台無しになってしまうので、煮出す時間だけは注意するようにしましょう。煮出したら茶漉しを使って直接カップに入れるかポットに移し入れて戴いてください。

但し、この時のハーブの量はポットで入れる時よりも多くする必要がありますので、色々やってみて自分の好みに調節してみてください。

posted by 美容の法則 ハーブティー サプリメント 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | ハーブティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 |TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。